うつくしいつばさがある天使てんしが、まずしげないえまえって、心配しんぱいそうなかおつきをして、しきりとうちのようすをろうとしていました。
そとにはさむかぜいています。ほしがきらきらとれたはやしのいただきにかがやいて、あたりは一めんしろしもりていました。天使てんしるもいたいたしげに、素跣すはだし霜柱しもばしらんでいたのであります。
天使てんし自分じぶんさむいことなどはわすれて、ただこのまずしげないえのようすがどんなであろうということを、りたいとおもっているふうにえました。いえうちにはうすぐら燈火とうかがついて、しんとしていました。まだねむ時分じぶんでもないのにはなごえもしなければ、わらごえもしなかったのであります。
カテゴリー: あ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です